塗り薬(トノス)

早漏防止の薬というと「トノス」という塗り薬が有名である。 これは男性週刊誌などに広告がよく載っているので名前だけでも知っている方は多いかも知れない。 これは一種のしびれ薬のようなもので、感覚が過敏になってしまってそれが早漏につながってしまうという場合に、感覚そのものを鈍らせてしまうことを目的としている。 使用方法はとても簡単である。 性行為の時に男性器に塗るとしびれた感覚が強くなり、性感が鈍る。 また、トノスには男性ホルモンも配合されてるので、男性機能そのものを強化するという効能もある。 このトノスは早漏防止の塗り薬としては決定版のような地位を築いているため、塗り薬で何とかしたいという方には最適である。 ただ、薬局でトノスを購入しようとすると早漏に悩んでいることがわかってします、という意見もよく聞かれる。

塗り薬(トノス)

他のものでトノスのような効果を得られるものはというと「マキロン」がある。 マキロンという薬はほとんどの方がご存知であろう。 トノスに配合されているしびれの成分というのは塩酸ジブカインという物質で、マキロンにはこれと同じものが配合されている。 この塩酸ジブカインは、局部麻酔作用がある物質なので、トノスもその局部麻酔効果でしびれを引き起こし、早漏を防止している。 だいたい数分間マキロンを染み込ませたティッシュペーパーで男性器を包み、数分後に男性器を洗い流すと塩酸ジブカインによる局部麻酔が効いた状態になるので、トノスと同じ効果が得られる。 また、女性の局部周辺のかゆみ止めとして知られているフェミニーナ軟膏という薬にもかゆみを鎮める成分として局部麻酔剤が配合されているので、同じ効果が得られる。

関連エントリー

早漏の防止・克服のための対策・治療 TOP >  防止対策・治療法  >  塗り薬(トノス)

インフォメーション

関連サイト

RSSリーダーへ登録

早漏の防止・克服のための対策・治療をMy Yahoo!で購読する
早漏の防止・克服のための対策・治療をGoogle readerで購読する
早漏の防止・克服のための対策・治療をlivedoor Readerで購読する
早漏の防止・克服のための対策・治療をはてなRSSで購読する

パーツ