外科手術

早漏の原因が物理的なもの、つまり感覚の過敏による場合、最も根本的な解決法として外科手術がある。

包茎手術や亀頭増大手術があるように、男性の悩みに関する手術は早くから技術が進歩しており、早漏克服のための手術というのも実在している。

早漏対策の手術には主なものとして2つの手術がある。


1つめは、亀頭増大手術と全く同じことをする。

亀頭にはカリと呼ばれる最も突出した部分があり、この部分が摩擦することにより女性が快感を得られるのだが、亀頭強化手術ではこの部分にコラーゲンを注入する。

このことにより、コラーゲンが間に介在する分だけ亀頭部分の感覚が鈍り、早漏防止・対策になる。

外科手術

2つめは、包皮小帯切除手術と呼ばれる手術である。

先ほどのコラーゲン注入は過敏になってしまう部分の上にコラーゲンの層を作ることによって感覚を鈍らせるという考え方であったが、包皮小帯切除手術は名前に切除という言葉が入っているのを見てもわかるように、俗に男性器の裏筋と呼ばれる、亀頭部分の次に敏感とされている部分の皮膚そのものを取り除いてしまうやり方である。

快感が強すぎて早漏を引き起こしてしまう皮膚そのものを取り除いてしまうという、コラーゲン注入とは全く逆の発想で早漏を防止する。

これらの2つの手術はどちらもそれほど大掛かりな手術ではない。

どちらの手術もだいたい10分程度で終わり、価格的も亀頭強化手術でだいたい5万円ほど、包皮小帯切除手術でもだいたい8万円ほどである。

知名度が低く、これらの手術の存在すら知らない人が多いのが現状である。

関連エントリー

早漏の防止・克服のための対策・治療 TOP >  防止対策・治療法  >  外科手術

インフォメーション

関連サイト

RSSリーダーへ登録

早漏の防止・克服のための対策・治療をMy Yahoo!で購読する
早漏の防止・克服のための対策・治療をGoogle readerで購読する
早漏の防止・克服のための対策・治療をlivedoor Readerで購読する
早漏の防止・克服のための対策・治療をはてなRSSで購読する

パーツ