セロトニンとSSRI

早漏防止の医薬品として有名なのがSSRIという薬である。

SSRIという物質の効能をご説明する前に早漏の医学的なメカニズムをご紹介する。

早漏は、性的興奮が高まりすぎることによって起こる。

本来ならもっと時間を掛けて絶頂に達するところを、早めに絶頂を迎えてしまうので、通常の興奮状態を超える状態になっていることが予想される。

その興奮をつかさどる物質というのがセロトニンという物質である。

セロトニンとSSRI


セロトニンそのものが性感に関わっているわけではないのだが、性感をつかさどっているノルアドレナリンという物質の分泌を抑える働きがある。

ノルアドレナリンは性感そのものに関わりがあり、これが大量に分泌されると早く絶頂に達してしまう。

そのため、医学的に早漏を治療するにはノルアドレナリンの分泌を抑えることが必要である。


セロトニンは、ノルアドレナリンの分泌を抑えるのと同時に、セロトニン自体に精神安定効果があるため、高まりすぎた性感を鎮める効果もある。

この薬理作用を利用したものがSSRIという薬品である。

SSRIが使われている薬として代表的なものがパキシルという薬であり、パキシルは当初精神安定剤、つまり抗うつ剤として処方されていた。

この抗うつ剤として利用されているパキシルのSSRIがノルアドレナリンの分泌を抑制する効果も有しているため、早漏治療にも利用されている。

ただし、抗うつ剤としては認可されているものの早漏治療のために認可されているわけではないので、保険適用外となるのが一般的である。

関連エントリー

早漏の防止・克服のための対策・治療 TOP >  防止対策・治療法  >  セロトニンとSSRI

インフォメーション

関連サイト

RSSリーダーへ登録

早漏の防止・克服のための対策・治療をMy Yahoo!で購読する
早漏の防止・克服のための対策・治療をGoogle readerで購読する
早漏の防止・克服のための対策・治療をlivedoor Readerで購読する
早漏の防止・克服のための対策・治療をはてなRSSで購読する

パーツ