早漏とEDの関係 

早漏はEDとも密接な関係がある。

EDとは勃起不全を総称したもので、勃起に何らかの不満や問題がある状態である。

早漏とED、どちらも男性機能そのものに関係のある話なので、あらゆる部分が共通し互いに関連している。

男性機能は体調や精神状態に大きく影響を受ける。

肉体的な健康という意味では過労や睡眠不足は最も男性機能に悪影響を及ぼす。

特に疲れている状態だと性的興奮を抑えるホルモンが分泌されにくくなり、興奮したらそのまま一気に絶頂を迎えやすくなる。

また過度の飲酒も男性機能には良くない。

俗に酔った状態では立たないといわれるが、これは間違いではない。

お酒に含まれるアルコールが性的興奮状態を鎮めてしまうためである。

お酒を飲むと性欲が高まるとも言うが、心では性欲が高まっていても体がついてこない、というのが正確なところである。

早漏とEDの関係 

EDではないにしても、勃起力に悩みを抱えている人は早漏になりやすいと言われている。

勃起が持続しない人は立ったと思ったらすぐに性行為をして、すぐに射精しようとする。

せっかく立ったものを放置しているとすぐに萎えてしまうことを知っているため、パートナーの女性をガッカリさせないためにも短い勃起時間の間に性行為をしようとしてしまい、その癖がついてしまう。

その結果として、性行為にかける時間が短くなって、早漏になるのである。

このような経過で早漏になる人は多く、早漏とEDが密接に関わりあっていることがわかる。


男性機能は心の状態に大きく影響されるので、ストレスを感じないことが最も大切である。

性行為はパートナーあってのことなので、ストレスを溜め込まないためにもパートナーとの良好なコミュニケーションを取ることは非常に有効な対策であり、早漏改善やED克服にもつながる。

関連エントリー

早漏の防止・克服のための対策・治療 TOP >  基礎知識  >  早漏とEDの関係 

インフォメーション

関連サイト

RSSリーダーへ登録

早漏の防止・克服のための対策・治療をMy Yahoo!で購読する
早漏の防止・克服のための対策・治療をGoogle readerで購読する
早漏の防止・克服のための対策・治療をlivedoor Readerで購読する
早漏の防止・克服のための対策・治療をはてなRSSで購読する

パーツ